健康に長生きしてほしいから、犬用サプリメント

現代は、ワンちゃんたちにとってもストレス社会。

環境汚染や運動不足、安価なかさ増しフードなどによって、健康状態が悪化しているワンちゃんが多くいます。

昔、ワンちゃんは「10歳で大往生」と言われていましたが、飼育環境の進歩により、現在の平均寿命は14~15歳と長くなっています。
そのぶん、生活習慣病や、老化による体の衰えに悩むワンちゃんも増えてきているのです。

生活習慣病や老化を防ぐには、犬用サプリメントによる栄養面のサポートが有効です。
ワンちゃんそれぞれのニーズに合わせたサプリメントが多数開発され、動物病院でも役立てられています。



ワンちゃんのこんな悩みに、犬用サプリが効く!

パサパサ毛並みが気になる
毛並みをつくっている中で、最重要の栄養素はたんぱく質。不足すると毛艶がなくなってしまいます。良質なたんぱく質を補ってあげましょう。

病気にかかりやすくて心配…
免疫力をサポートするのは、ビタミンEやβグルカン、カテキンなどの抗酸化物質です。あらゆる病気や老化の原因といわれる活性酸素から、ワンちゃんを守ってあげましょう。

口が臭くて顔を近づけられない…
ワンちゃんの口臭の主な原因は歯周病。予防にはハミガキが重要です。抗菌・殺菌効果で、毎日のお口ケアをサポートしてくれるサプリメントがおすすめです。

うんちが臭い/下痢や便秘をする
キツい臭いのうんちや軟便は、腸内環境の異常サインです。食物繊維ビフィズス菌の力で、消化活動を正常にしてあげることが必要になります。

しつけが大変。なかなか言うことを聞いてくれない
無駄吠えや食糞などの問題行動は、ワンちゃんの栄養不足やストレスから来る場合もあります。栄養バランスを全体的に良くするサプリや、犬向け漢方配合のサプリなどがおすすめです。

無添加のサプリはどれがいいの?
ワンちゃんの健康にたくさんのメリットがある無添加フード。高価なだけに、ワンちゃんにとって本当に必要な栄養素を見極めて与えてあげることが大切です。

うちの犬にはどんなサプリがいいの?
ライフステージや犬種によって、必要な栄養素やかかりやすい病気は違います。ワンちゃんとサプリの相性をよく確認して購入しましょう。

犬用サプリを賢く選ぶ!


犬用サプリの総合評価ランキング!

順位 商品名 価格 商品詳細

964点
ナチュラルドッグフードモグワンドッグフード 3960円 おいしさと栄養と安心が揃ったドッグフード
肉と魚をバランス良く配合しているため食べやすく、毛並み・腸内環境・関節にいい成分なども含まれています。グレインフリー・低アレルギー・ヒューマングレードのため安全性も高いです。
モグワンドッグフード

901点
ペットサプリ 毎日爽快ペットサプリ 毎日爽快 初回980円
定期2498円
酵素+乳酸菌がお腹の環境を整える犬用サプリ
消化を良くし栄養吸収をサポートする酵素と、腸を整える乳酸菌が入った犬用サプリです。アミノ酸が豊富なビール酵母は毛並みを整える効果も期待できます。
ペットサプリ 毎日爽快

897点
ナチュラルドッグフードナチュラルドッグフード 3240円 自然治癒力を高める、無添加ドッグフード
犬本来の食生活に近くなるよう、高品質の天然素材を厳選。必要な栄養だけをバランスよく、健康的に摂取できます。
ナチュラルドッグフード

893点
カナガンドッグフードカナガンドッグフード 3600円
高タンパク質、でもヘルシーな無添加フード
犬種や大きさを選ばない、栄養豊富なドッグフードです。高品質のタンパクが、しっかりした骨組みと、美しい毛並みをつくります。
カナガンドッグフード

855点
バイオワン めぐりサポートバイオワン めぐりサポート 初回900円
定期2624円
血液をサラサラにしてくれる犬用サプリ
ナットウキナーゼと酵素が吸収をサポートし、血液をサラサラにするクリルオイルで栄養が全身に届きやすくなります。ご飯にかけて食べられるので、ドッグフードを変えずにすむのが◎
バイオワン めぐりサポート
おいしくて栄養満点なドッグフードを選ぶならコレ!

「モグワンドッグフード」は「ワンちゃんの好み」も考慮して作られた栄養満点で安全性の高いドッグフードです。

肉派のワンちゃんも魚派のワンちゃんもおいしく食べられるよう、チキン(約33%)と魚(約20%)をバランス良く配合しています。

豊富な動物性たんぱく質の他に、毛並みを良くする海藻やビール酵母、腸内環境を整えるサツマイモやココナッツオイル、シニア犬の関節にいいグルコサミンやコンドロイチンも含まれています。小粒タイプなので子犬にもOKです。

ヒューマングレード、人工添加物不使用のため信頼感があり、犬が苦手な穀物は使用していません。ペット先進国イギリスで作られている、ワンランク上の愛情フードです。


ワンちゃんでもかかる生活習慣病


生活習慣病といえば運動不足によるメタボなど、人間だけのものとお思いではないでしょうか。
しかし、ペットのワンちゃんも人間と同じように生活習慣病にかかってしまいます。

人間の場合、生活習慣病とは不摂生や運動不足などが原因のメタボや糖尿病、心臓病などがイメージされます。
犬の場合にもおやつの食べ過ぎや散歩をさせないなどの運動不足が原因の生活習慣病もありますが、 ドッグフードの改善や品種改良などによる高齢化に起因する様々な病気も犬の生活習慣病に数えられます。

犬も人間と同様に、肥満が引き金となって生活習慣病が引き起こされるケースがあります。
例えば、糖尿病です。
糖尿病とは膵臓から分泌されるインスリンの量が減少することで起こる様々な症状を指しますが、肥満やストレスなどが原因で犬も糖尿病になることがあります。

他にも心臓病や関節の病気、あるいはガンなど人間の場合は生活習慣病には挙げられない病気も、犬の場合は生活習慣病に挙げられるのです。

若い頃からおやつを食べ過ぎたり運動をさせないと犬の生活習慣病になってしまうかも知れません。
可愛いワンちゃんだからこそ、節度のある生活をさせてあげることが重要なのですね。


安いドッグフードを食べさせ続けるリスク


ペットショップや大型量販店のペットコーナーには、パッと見ただけでも非常に多くの種類のドッグフードが販売されています。価格帯も非常に安価なものから高額なものまでさまざまです。
犬をペットとして飼っていると大型犬であればあるほど食費もかさんでしまいがちなので飼い主さんにとって安いドッグフードは、やはり魅力が大きいことが多いでしょう。
しかし安いドッグフードには安いなりの理由があるのです。

安いドッグフードは何故安いのでしょうか。
それは使用されている原材料に安いコーングルテンや大豆、小麦粉といったものが選ばれているからなのです。
コーンや大豆を粉砕したものを主要成分にして固めて製造されたドライフードに犬の好む動物油脂などをただ添加しただけの非常に低いクオリティのフードが殆どなのです。
これは国内の大手ペットフード製造会社にその傾向が強くなっています。

犬にとって、コーングルテンや大豆などの成分は、百害あって一利なしと言われています。
メイン成分がこのようなドッグフードを食べさせ続けていると肥満や糖尿病、がん、腸疾患、皮膚アレルギーなどの病気を発症するリスクが非常に高まることが知られています。
犬は本来肉食ですからコーンや大豆といった炭水化物を大量に摂取すると消化不良を起こしやすかったりアレルゲンとなってしまったり、太りやすくなったりとさまざまな弊害が起こってくるのです。

もちろん犬によっては安いフードだけを食べさせ続けても元気に長生きする個体もあるでしょう。
しかし近年犬にも増えている人間と同じような重大疾患はクオリティの低いフードを与え続けた結果であることが殆どなのです。
大切な家族の一員であるペット犬には値段でフードを決めるのではなくクオリティ重視で選ぶようにしたいものです。


犬用サプリを利用するメリットとデメリット


最近では犬もサプリを摂取する時代になってきました。
確かに少子化が叫ばれて、ペットが子供のような存在、また配置家族のような存在になってきていますので家のワンちゃんにも健康のためにサプリを求めるのも不思議ではありません。
では犬用にどんなサプリがありどんな効果があるのでしょうか?

人間と同じようにビタミンを摂取できるサプリがあったりしますし、毛並みをよくするためのもの、肥満対策用、または関節炎を予防したり、対処したりするサプリも販売されています。

犬の健康のために食生活を改善してあげたいと思うものの犬と会話する事はできません。
それで、食生活を改善させるために犬専用のサプリは大きな働きをします。
実際サプリを使用する事によって犬がより元気になったり、長生きするようになっているからです。

しかし気をつけなければいけないデメリットとして、きちんと飼っている犬の症状を理解せずにサプリを与えてしまうと、ある栄養素を過剰摂取してしまうことになり、逆に健康を損なう結果となってしまいます。

また犬には様々な種類があり体の大きさも異なっています。
それでどのサプリを飲んだら良いかを自分で判断することなく専門家の意見を仰ぎながら決定していくのが成功の秘訣です。