トップページ >  犬用サプリの賢い選び方 >  免疫力を高めるサプリ

愛犬の免疫力を下がる原因と免疫力を高める方法まとめ

診察を受けるワンちゃん

 ワンちゃんなどのペットの保険は人間ほど浸透していないため、病気になったときの治療費がかさみがちですよね。人間のように体調不良を言葉で訴えることが出来ないため、病気の前兆を察知するのも難しいです。

 愛犬が病気にならないためには、免疫力を上げて毎日を健康に過ごせるようにしてあげることが大切です。いつまでも健康に過ごせるために飼い主がしてあげられることは何でしょうか?

 ここでは、日頃の生活でついやってしまいがちな愛犬の免疫力を下げる原因5つと、簡単に実践できる愛犬の免疫力を上げる5つの方法をまとめました。


愛犬の免疫力を下がる原因まとめ


 人間も病気にならないに越したことはありませんが、愛犬は言葉は話せないため人間以上に病気になったとき何をしてあげればいいかに迷いますよね。

 どんなに仲が良くても、人間は愛犬の体調不良を言葉で聞いてあげることはできません。

 そのため、飼い主が注意して病気を回避していかなくてはなりません。日常生活で起こりやすい愛犬の免疫力を下がる原因5つをチェックしてみましょう。


睡眠不足になっている


 犬が睡眠不足になると食欲不振を招きます。それにより栄養不足となり、免疫力も低下します。

 飼い主さんの帰りが遅かったり、夜型の生活を送っている場合、ワンちゃんもそれに合わせて不規則な生活を送って食欲不振となっているかもしれません。

 散歩が疎かになり昼間ほとんど動かない場合も、夜になっても眠くならないことがあります。運動不足は代謝と免疫力の低下にも繋がります。


犬種に合わせた肥満測定、ダイエット指導をしていない


 動物病院で肥満かどうか判断してもらうときは、少なくとも犬の背丈や体高、胸囲、胴囲は計った上で、体格にあった体重かどうかを調べてもらいましょう。

 同じ犬種であっても、体格や、筋肉の発達によって適正体重は変わります。動物病院では、適度な運動を行って筋肉のついたワンちゃんまで肥満と判断されて、ダイエットの指導を受けることがあるようです。

 ダイエットを行うために、カロリーの少ないダイエット用フードや、シニア用フードに変えるよう指示されることもあるようですが、ワンちゃんのドッグフードは体をつくる上でもっとも重要なたんぱく質がたっぷり入っています。

 本当は必要もないのにたんぱく質をカットすると、体をつくるための栄養が足りなくなり、免疫力が低下してしまう可能性があります。


ワンちゃんに合わないドッグフードを与えている


 たんぱく質は動物性たんぱく質と、植物性たんぱく質の2つの分類に分けられます。動物性たんぱく質は肉類に、植物性たんぱく質はトウモロコシなどの穀物に含まれています。

 ワンちゃんに適しているのは動物性たんぱく質です。植物性たんぱく質は消化が悪いため、胃の不調から病気を招く恐れがあります。

 それにも関わらず、店頭に並んでいるドッグフードは安くするためにトウモロコシが主原料となっていることも多いです。


カルシウムが不足している


 ワンちゃんの免疫を向上する土台はきちんとした食事と運動を行うことですが、ドッグフードを噛んだり散歩をするときに大切なのがカルシウムです。

 しかし先述の通り犬にとってもっとも大切な栄養はたんぱく質なため、ドッグフードにはカルシウムまで入っていないことがあります

 その他にも、口臭や歯周病が気になる場合は、ドッグフード以外のもので必要な栄養を補っていく必要があります。


騒音や飼い主と遊べない


 ストレスが掛かると体内で活性酸素が増えます。活性酸素は体の錆びの原因になる物質なので、これが増えすぎると老化を早め免疫力を低下させることに繋がります。

 ワンちゃんは耳がいいため、人間以上に騒音がストレスの原因となります。特に外で犬を飼うときには、人が多い場所や車の音がしょっちゅうするような場所にいるとストレスが掛かりやすくなります。

 寂しがりやのワンちゃんの場合、飼い主さんと遊べないことがストレスの原因となっていることもあります。散歩に連れて行ったり、適度にボール遊びをしてあげたりして、愛犬を可愛がってあげてくださいね。


愛犬の免疫力を高める方法まとめ

ぐっすり眠るワンちゃん

 人間と同じように、ワンちゃんも健康的な生活を送ることで免疫力を高めることが出来ます。しかし、ワンちゃんは人間のように無制限に行動することができません。室内で飼ってる場合はなおさらです。

 ワンちゃんがきちんとした生活を送るためには、飼い主さんが愛犬の様子を観察して、時にはサポートしてあげる必要があります。

 ワンちゃんが健康的な生活を送るために、どのようなことに気を配ればいいのでしょうか?愛犬の免疫力を高める5つの方法を確認してみましょう。


日向ぼっこをして生活リズムを整える


 夜眠れるようにするために、昼間は日の光を浴びられる環境を整えてあげましょう。室内でも窓越しに太陽に光に当たれば、ワンちゃんは体内時計を調整し夜は自然と眠れるようになります。

 さらに太陽の光を浴びると免疫力を上げるビタミンDが体内で生成されます。室内の電球に当たるよりもずっと体にいいですね。

 ただし、ずっと太陽の光を浴びていると、熱中症になってしまう可能性もあります。毎日新しい水を用意して、日向と日陰を自由に行き来できるようにしてあげてくださいね。


運動してぐっすり眠れるようにする


 夜ぐっすり眠れるようにするためには、適度に運動することも大切です。散歩を習慣にして、夜はぐっすり眠れるようにしましょう。

 散歩をすると、代謝が上がり免疫力も向上します。さらに、脚の骨も鍛えられるため、病気だけでなく、骨折や寝たきりなどにもなりにくくなります。


消化のしやすい良質なドッグフードを選ぶ


 安いドッグフードには添加物が多いこともあり、内蔵に負担をかけやすくなります。ドッグフードは添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。

 トウモロコシが主原料のドッグフードも安いですが、ワンちゃんにとって消化のしにくい食べ物となります。愛犬のドッグフードは、肉などの良質なたんぱく質が摂れるものがオススメです。

 小型犬の場合、粒が大きすぎるドッグフードは食べにくい可能性があります。歯や顎を鍛えるために、ドッグフードには多少の噛みごたえは必要ですが、大きすぎる場合にはワンちゃんに合ったサイズのドッグフードを選んであげるのもいいでしょう。

足りない栄養素や腸内の乱れは犬用サプリやヨーグルトで補う


 犬は人間以上にたんぱく質を必要とするため、良質なドッグフードはたんぱく質を最重視しています。そのため、口臭や関節の衰えなど、免疫をつけるだけでは対処しづらい問題も予防したい場合には、それにあった犬用サプリメントで補いましょう

手軽にとれる食品で有名なのが、ヨーグルトにふくまれる乳酸菌です。ヨーグルトは人だけでなく犬にもとてもいいのです。ただ、あたえる時はあまくない無糖のものをえらびましょう。個体差にもよりますが少量でいいので毎日あたえることです。

 また、トウモロコシなど胃に負担が掛かる主原料のドッグフードを使っていて、すぐに別のものへ切り替えられない場合には、ヨーグルトをを与えて腸内の善玉菌を増やすのもいいでしょう。


ストレスで増えた活性酸素を取り除く


 ストレスは体の錆びとなる活性酸素の元ですが、活性酸素の増加は抗酸化物質を与えることで減らすことができます。抗酸化物質は人間でもアンチエイジングで注目されていますね。

 抗酸化成分が豊富なのはベリー類です。ドッグフードだと、クランベリーなどが入っているものがあります。


愛犬の免疫力を高めて健康にするドッグフードの選び方

愛犬の免疫力

 愛犬の免疫力を高めるためには規則正しい睡眠、運動、食事を摂ることですが、どんなに規則正しく生活していても活性酸素は体内に溜まっていきます。

 活性酸素が体の錆びとなり、細胞や血管を傷つけ免疫力の低下を招いたり、老化の原因となったりします。そのため毎日食べるドッグフードは抗酸化物質の入ったものを選ぶといいでしょう。

 免疫力をサポートする抗酸化物質はビタミンA郡、ビタミンEやβグルカン、カテキンなどです。特にベリー類は抗酸化パワーが強いことで注目を集めています。


犬用サプリを「免疫力を高める・病気を予防する順」でランキング!

モグワンドッグフード
評価:★★★★★
抗酸化パワーの高いクランベリーが含まれています。「スーパーフード」として注目を集めるココナッツのオイルが含まれているため、栄養価が高いです。

成分の詳細をチェック

カナガンドッグフード
評価:★★★★

動物性たんぱく質が豊富なドッグフードです。クランベリーが含まれているため、抗酸化成分も摂ることができます。

成分の詳細をチェック

ナチュラルドッグフード
評価:★★★★

スーパーフードの亜麻仁が含まれており、オメガ3とオメガ6をバランス良く摂ることができます。

成分の詳細をチェック
免疫力を高めるドッグフードはコレ!

「モグワンドッグフード」は栄養満点のスーパーフードと、老化防止の抗酸化成分が含まれています。

スーパーフードとは多くの栄養素を含むことで注目を集めている食べ物のことです。モグワンドッグフードにはスーパーフードの1つであるココナッツのオイルが含まれているため、栄養を補給し病気になりにくい身体を維持することが期待できます。

歳をとると病気にもなりやすくなるため、アンチエイジング対策も大切です。クランベリーは抗酸化成分が高いことで知られるベリー類の一種なので、老化の原因となる体内の活性酸素を除去してくれます。



愛犬の免疫力を高めることまとめ


 いかがでしたでしょうか?

 ワンちゃんの体内に出来る活性酸素に対して抗酸化物質が効くのと同じように、人間も抗酸化物質を摂ることでアンチエイジングすることができます。ワンちゃんのドッグフードに合わせて、飼い主も時々ラム肉を食べるのもいいかもしれません。

 愛犬と一緒に規則正しい生活を送ると、飼い主も愛犬も一緒に元気になることができます。日光を浴びて散歩をして、夜はぐっすり眠る生活を心がけましょう。