トップページ >  犬用サプリの賢い選び方 >  しつけ・無駄吠えに効果があるサプリ

吠えるのには理由がある!愛犬のしつけ・無駄吠えの原因と対策方法まとめ


ワンちゃんと暮らしていくうえで、しつけは避けては通れないものです。
無駄吠えや食糞、留守中に物を壊したりなど、ワンちゃんによってはかなり手を焼くこともあるでしょう。

飼い主さんがしつけてあげることが一番ですが、問題行動が栄養不足から来ているケースもあります。
たとえば、食糞は栄養不足を補うためにしてしまっていることがあります。

また、無駄吠えもストレスが原因のことがありますし、分離不安がサプリで治ったというワンちゃんもいます。
人間でも、集中力低下やイライラが栄養価の高い食事で改善することがありますよね?
ワンちゃんのストレスを体の内側からも取り除いてあげられるようなサプリメントをおすすめします。


愛犬のしつけ・無駄吠えの原因まとめ

散歩に行けないので不満が溜まっている


愛犬と散歩
犬は散歩に連れて行かないことには、どんどん不満が溜まってしまい無駄吠えの原因を作ってしまいます。欲求が満たされないと、してほしいことを伝えるために吠えはじめ、要求が伝わるまで何度も吠えてしまいます。

もし散歩に連れて行くことがなかった場合は、しっかり連れて行くことによって解消されることがあります。 運動をさせることも、犬のストレス解消には必要なことなので、しっかり行いましょう

お腹が空いたので要求している

犬も人と同じように、食べられるものがなくなってしまうと要求をするようになります。犬の場合は無駄吠えという形で行われることとなり、早く食事を食べさせてほしいという感じで吠え続けてしまいます。どうにかして解消するためには、犬に食事を与えるようにして、満足させることです。

食事を与えているにも関わらず吠え続けている場合、これ以外の要求をしているか、病気などで食べていることを忘れてしまっていることもあります。

知らない人が入ってきた



犬は知らない人に敏感に反応する動物なので、知らない人が入ってくると吠え続けてくることもあります。そうした吠え方をしている場合、自分の知り合いが入ってきた可能性もありますが、不審者が入り込もうとしていることもありますよね。いざというときに役に立ってくれると考えて、大目に見るのが良いかもしれません。

病気や怪我で苦しんでいる

本来吠えるはずのない犬が、突然吠え続けるような状態になっている場合、病気や怪我で苦しんでいることも予想されます。1度犬のところまで行って、どこか怪我をしていないか、元気のない状態かをチェックしてください。もし元気がないと思っているなら、速やかに動物病院へ行って診察を受けるといいです。

犬は辛いと思っているとき、結構吠える習性があります。そうしたことを理解しておくと、犬の健康も保ちやすいです。

かまって欲しいだけ

あまり犬と関わりを持っていない場合、犬の方が関わってほしいという感じで、吠え続けるようなこともあります。こうしたかまって欲しいという気持ちを持っている場合は、大体自分がもっと触れてあげなければならないんだなと感じて、すぐに遊んであげるといいです。
大体欲求が満たされるようになってくると、自然に吠えることはなくなります。

愛犬のしつけ・無駄吠えに効果がある方法まとめ

しっかりとした気持ちを持つ

愛犬のしつけには飼い主がしっかりとした気持ちを持つことが大切です。「この犬が可愛いからこそしっかりとしつけるんだ」という強い気持ちを持ち、途中で投げ出さない気持ちを持つことが大切なのです。それには、飼い主側も飽きない、あまり難しくないしつけをすることがポイントです。

犬の知能レベルは3歳児程度ということを覚えておきましょう。そして、根気よく、怒らずにしつけを行うことが大切です。

お気に入りの場所を探してあげよう


落ち着く場所
1人でもお行儀欲座ってはお留守番ができるようにしましょう。そのためには、愛犬が1番落ち着く場所を作ってあげることです。いつも愛犬が座って寝る場所をチェックしてみましょう。その場所に愛犬がより落ち着いて座ることができるように、お気に入りのフカフカのクッションを置いてあげるのです。

そして、犬が好きなおもちゃも置いておきましょう。そして、その上に座った時に「ああ、良いコだねえ」と言っては褒めてあげましょう。それを何度も繰り返すことで、犬はその場所にお行儀欲いれば、飼い主から褒められると覚え、静かに待つことができるようになります。

食事前には立ち上がって「待て」のポーズをする

ご飯を食べる時にしっかりと食べさせてあげたいと思った時には、おやつの量を減らすことですね。無駄におやつばかり与えていては、どうしてもお腹が空きにくくなります。しっかりとご飯を食べさせたい時には、ご飯の前には軽く運動をさせることです。

そして、食べさせる時にはお座りをさせましょう。その時には飼い主が立った状態になり、フードの入ったお皿を高い位置まで持ち上げます。すると、自然と犬の目線は上を向こうとし、お尻が地面に付く状態になります。

そして、手の平を犬にしっかりと見せながら、「待て」と言いましょう。それからお皿を地面の上に置き、「食べていいよ」と声をかけあげましょう。これを食べる前に何度も繰り返せば、自然と犬が覚えます。

穏やかに声をかけながら散歩する

散歩をしている時にお行儀よく飼い主の歩幅に合わせて愛犬も歩けるようにしたい時には、飼い主の方が穏やかな気持ちで歩くことがポイントです。そして、時折、犬に向かって話しかけるのです。その声は穏やかに、優しい声をかけましょう。スローテンポで、一定のリズムで歩くようにすれば、犬も自然とそのリズムに合わせるようになります。

もし、狭い道で前から犬が来てすれ違うのであれば、ロープを短めに持ち、犬を隣に歩かせるようにします。そして、「大丈夫」と静かに話しかけながらすれ違うようにしましょう。大型犬でも、飼い主が声をかけながら穏やかに歩くことで、パニックにならずに歩けます。

スキンシップをこまめにとろう

愛犬とのスキンシップ 犬の無駄吠えというものは、少し犬が情緒不安定になっているのが原因です。また、日々のストレスなどが重なり、発散できないのが無駄吠えとなるのです。情緒不安定にならないようにするためには、体を適度に動かすことですね。

飼い主と一緒にかけっこをしたり、ボールを投げて遊んであげる、童謡などの歌を歌ってあげたりするのも、犬のストレスを解消できます。1人ぼっちにする時間を減らし、スキンシップをこまめに取りましょう。

目を見つめながら言おう

玄関ブザーが鳴った時に犬が吠えないようにするには、飼い主が慌てて動かないことが大切です。人間が慌てて動くと、犬は不安になり、吠えてしまうのです。鳴ったら静かに立ち上がり、静かな声で応対しましょう。

犬が吠えるようであれば、犬の目を真っ直ぐに見つめ「シーッ」と静かにするように声をかけましょう。「待て」というポーズを見せるのも良い方法です。食事の時の「待て」というしつけができれば、自然と犬も対応できるようになります。

戻ってきたら静かにしていたことを褒めてあげましょう。


ワンちゃんのしつけには、内側からストレスを解消するサプリを選ぶ!

飼い主さんの努力が一番ですが、栄養面の見直しも聞き分けのよさにつながっていきます。環境に不安があるなら、ストレス解消作用のあるサプリをあげてみましょう。


犬用サプリを「しつけに良い、無駄吠え・食糞などを防ぐ順」でランキング!

内側美犬

ワンちゃんを内側からキレイにする、5つの天然素材を主軸に作られたサプリです。活性酸素からくる肉体的ストレスを軽減するほか、大豆や胚芽などの栄養分が精神的ストレスの軽減を助けます。

成分の詳細をチェック

犬康食・ワン プレミアム

ワンちゃんのストレス解消をサポートするエゾウコギエキスが配合されているサプリです。エゾウコギエキスに含まれるエレウテロサイドEがストレスに効果的で、人間のストレス軽減サプリにも使われています。

成分の詳細をチェック

モグワンドッグフード
評価:★★★
クランベリーが体内の活性酸素を取り除き、老化からくるストレスを軽減します。肉と魚のバランスがいいため、肉派の犬も魚派の犬も食べやすく、食事の満足感でストレスを軽減することが期待できます。

成分の詳細をチェック
しつけをサポートしてくれるサプリメントはコレ!

「内側美犬」は、ワンちゃんのストレスや鬱症状への効果が期待できるサプリメントです。
胚芽、大豆、糠、ハトムギ、小麦、ごま油、柚子果汁、杜仲茶、ゴマ、麹などといった天然素材が、ワンちゃんの腸内環境をサポートします。
万病の元といわれる活性酸素を中和し、体調不良や皮膚病からくるストレスを軽減することが目的です。
また、大豆のイソフラボンや、胚芽に豊富なビタミンB1、アミノ酸などは精神的ストレスに効果的です。
ワンちゃんのストレスを内側からも減らしてあげて、しつけの効果を高めましょう。


犬用サプリを賢く選ぶ!