トップページ >  犬用サプリの賢い選び方 >  小型犬向けサプリ

小型犬が掛かりやすい病気があるって本当?小型犬の不健康と健康対策まとめ

小型犬にいいこと・悪いこと
 小型犬は小さなスペースで飼えるため、庭が小さい家やマンションでも飼いやすいのが特徴です。トイプードルやチワワなど、かわいい犬種も多いですよね。

 しかし、室内で飼うことでかかりやすくなる病気や怪我も存在します。

 かわいい小型犬を飼う上で、気をつけなければならないことは何でしょうか?小型犬を不健康にする5つの原因と、小型犬を健康にする5つの方法をまとめました。


小型犬の不健康にすることまとめ


 小型犬の場合、大型犬よりも室内で飼っている方が多いと思います。そこで、主に室内で気をつけたい小型犬を不健康にする5つの原因をまとめました。


大きいサイズの硬いドッグフードを与える


 大きなドライタイプのドッグフードは小型犬にとって噛みづらいです。小型犬は、大型犬よりも顎が小さいです。顎が小さい分、噛む力も弱い特徴があります。

 大型犬に与えるような大きいタイプの硬いドッグフードだと噛みにくいため、食べる量が少なくなってしまうようです。充分なご飯を食べられないと栄養不足になります。栄養が足りないため免疫力も低下し、病気の原因となるのです。


タバコの副流煙を吸い込んでいる


飼い主が喫煙者の場合、犬の発ガン率は約 1.6倍になるそうです。
咳がでる、鼻のまわりが腫れる、くしゃみなどのかるい症状から、喘息、気管支炎、 副鼻腔ガンや肺ガンなどの重い疾患まで発生する原因となっています。


 喫煙者本人が吸い込む主流煙より、周りの人が吸い込む副流煙の方が害が多いことは有名になってきましたが、ワンちゃんにとってもタバコは健康を損ねるものです。

 タバコの副流煙には小型犬をガンにしてしまう発ガン物質が多く含まれています。特に室内で飼うことが多い小型犬は、室内で喫煙すると副流煙の充満した部屋で何時間も過ごすことになってしまいます。

怒ってばかりいる


 小型犬はどうしても吠える声が高いのが特徴的です。だからと言って、叩いて辞めさせてばかりだと、犬にとっては実にストレスになります。

 また、大きな声で「こらっ!」とか「煩い!」と叱ってばかりいるのもストレスを与えることになります。怒られてばかりだと小型犬はとても精神的に落ち込み、ストレスから免疫力が低下することになるのです。


運動不足が続く


 小型犬に限らず、ワンちゃんは運動をさせないと不健康になります。脂肪がつきやすくなるため骨折や高血圧、糖尿病になってしまうのです。

 動かないとお腹が空かないため、ご飯を食べる量も減りますね。ご飯を食べる量が減ると、栄養も充分に摂れないため免疫力の低下を招きます。高齢になってくると、運動をしないと骨がますます弱まるため骨折の原因にもなりますね。

 それに加えて、小型犬は元気がいいためじっとしているのが苦手なところがあります。遊ぶ機会が少ないとストレスが溜まってしまいます。ストレスも、愛犬の免疫力を下げる原因となります。

 また、寂しがり屋さんの場合寂しい状態が続けばストレスとなります。ストレスは食欲不振を引き起こします。精神的に落ち込み、食べれなくなってしまうのです。


フローリングの床ですべる


 小型犬は室内で飼われることが多いですが、一般的な家庭で使われているフローリングはツルツル滑るため、ワンちゃんが転倒しやすくなっています

 転んだ拍子に膝の関節の皿がずれて膝蓋骨脱臼となることがあります。転び続けると軟骨がすり減るため、関節リウマチになる可能性も出てきます。


小型犬の健康にいいことまとめ



 小型犬の場合、室内の環境が原因でかかりやすくなる病気や怪我に気をつけてあげることが大切です。

 では、どのように改善すれば小型犬の健康によくなるのでしょうか?小型犬の健康にいいこと5つを確認してみましょう。

小粒のドッグフードを選ぶ


 小型犬は大型犬よりも口が小さいため、ドッグフードは粒が小さいものを選びましょう。犬種によってご飯の量も異なるため、愛犬に最適なご飯の量も調べてみてくださいね。

 また、一般的なドッグフードを選ぶときの基準として、たんぱく質が豊富なドッグフードを選ぶといいでしょう。たんぱく質は犬の体をつくる上で重要な成分です。基礎がしっかりすることで、元気に過ごすことができます。


散歩をして、一緒に遊んであげる


 お散歩はワンちゃんの健康作りの基本です。体を動かせばお腹が空いて、ご飯がしっかり食べられるようになります。足を動かすことで足腰も強くなるため、小型犬に多い関節の病気にもなりにくくなります。

 また、寂しがり屋の小型犬にとってお散歩は飼い主と一緒に過ごせる大切な時間です。お散歩したりおもちゃで遊んであげたりして、愛犬とコミュニケーションをとってくださいね。


犬の健康にいい施設へ連れて行く


 小型犬は家の中で過ごすことが多いため、たまにはお出かけするのもいいでしょう。最近はワンちゃんのためにスパが行える施設も増えています。こうした施設に連れて行くことで、健康を促進させることができます。

 犬の扱いになれているスタッフの方が担当するので、犬から嫌がるようなことが基本的にない点もいいところです。


タバコや騒音のない環境をつくる


 タバコの副流煙は人間にもワンちゃんにも悪いです。愛犬が入る可能性のある部屋でタバコを吸うときはしっかり換気をして、副流煙を吸い込まないようにしてあげてください。

 また、ワンちゃんは人間よりも聴覚が優れているので、音楽が掛けっぱなしの部屋にいるとストレスを感じることもあります。音楽が好きな方は音量を下げたり、ワンちゃんが音楽をかけていない部屋へ移動できるようにしてあげてください。


転びにくい環境をつくり、軟骨にいい成分をあげる


 小型犬は室内で飼うことが多いですが、フローリングはワンちゃんにとって滑りやすいため、転んで怪我をしてしまうことがあります。愛犬が立ち入る部屋に滑りにくいタイルカーペットを敷くことで、転倒の回数を減らすことが出来ます。

 また、何度も転倒すると軟骨がすり減ってしまいます。軟骨はグルコサミンで再生することができるため、室内で小型犬を飼っている場合にはグルコサミンの入ったドッグフードを選びたいですね。


小型犬の健康にいいドッグフードの選び方


 小型犬は一般に、関節リウマチや膝蓋骨脱臼などの関節の病気にかかりやすいと言われています。

 犬種や体質にもよりますが、室内で飼われることが多いため、床の素材が膝に負担をかけていることも原因のひとつです。

 関節の病気を予防するには、特にグルコサミンが有効です。グルコサミンには、すり減ってしまった軟骨を再生する効果があり、ワンちゃんの関節を守ってくれます。

 口が小さいため、小粒のサプリメントを選ぶのがよいでしょう。大きめのサプリメントを砕いて与えることもできますが、手間がかかってしまうので、はじめから小型犬に対応している大きさのものがおすすめです。


犬用ドッグフードを「小型犬向けの健康にいいか」でランキング!

モグワンドッグフード
評価:★★★★★
コンドロイチン・グルコサミン配合の小粒タイプ。無水ヨウ素酸カルシウムも含まれているため、骨自体を丈夫にすることも期待できます。

公式サイトをチェック

カナガンドッグフード
評価:★★★★
関節を守るグルコサミン・コンドロイチンを配合。どんな犬種でも食べやすい小粒のドッグフードです。栄養バランスが良いため、体力も向上します。

公式サイトをチェック

ポチの味方 評価:★★★★
グルコサミン・コンドロイチン配合で、関節を丈夫にしてくれる効果があります。7歳以上の老犬や病気がちな犬向けに作られていますが、犬種には限りはないようです。

公式サイトをチェック
小型犬向けのドッグフードならコレ!

「モグワンドッグフード」は関節にいい成分を含んだ小粒タイプのドッグフードです。

関節炎や股関節形成不全を防ぐグルコサミン、関節の動きを向上するコンドロイチンが配合されています。

カルシウムに近い働きをする無水ヨウ素酸カルシウムも含まれているため、骨自体を丈夫にすることも期待できます。

また、海外のドッグフードでは珍しい小粒タイプなので、小型犬が食べやすいという点でもおすすめです。



小型犬の健康にいいことまとめ


 いかがでしょうか?

 小型犬は室内で飼われることが多いため、室内の環境を整えることで健康に過ごしやすくなります。冬場の換気は寒いかもしれませんが、適度な換気は人間にとっても風邪のウイルスを室内に溜め込まないなどのメリットがあります。

 寂しがり屋の子も多いため、お散歩に行ったり遊んであげたりしてかわいがってあげましょう!