トップページ >  犬用サプリの豆知識 >  犬用サプリの効果・副作用・摂取量

犬用サプリの効果・副作用・摂取量って?

犬用サプリの効果


犬も人間同様、加齢とともに体調を崩しやすくなったり、体の機能が低下します。 そこで、最近は犬専用のサプリメントが充実しているのです。 犬用サプリは、マルチビタミンなどのような体に必要な栄養素をバランスよく配合したものと 眼や関節、臓器など、症状に合わせて効果が期待できるものに分かれます。 ですから、愛犬には何が足りないのか、どこを改善したいのかなど 飼い主が見極めて与えることが大切です。

さまざまな種類や作用がありますが、代表的なものをいくつかご紹介します。 老化予防には「DHA」「コエンザイムQ10」など、関節には「グルコサミン」「コンドロイチン」、 眼には「ルテイン」「βカロチン」、肝臓機能には「メチオニン」、免疫力アップには「アガリスク」「ビオチン」、 ダイエットには「カルニチン」「アルギニン」などが有効です。

こうして見ると犬用サプリの効果は、人間のものと変わりがないことがわかりますね。 言葉が話せない犬だからこそ、飼い主がしっかりと犬の体調を管理し、症状に合うものを選んであげることが大切なのです。 サプリメントは医薬品とは異なりますし、即効性が期待できるものではありません。 また、個体差があるため、同じように与えていても効果はバラバラになります。 何を選べばよいのか迷ったときは、自己判断せず、医師に相談するのがおすすめです。

症状が出る前から予防的に利用している飼い主も多くよく利用されているのは、関節炎や皮膚トラブル、 胃腸機能の回復に効果的なサプリのようですね。

犬用化サプリの副作用


人間は健康維持やアンチエイジングなどを目的にサプリメントを摂取しますが、 犬にも人間同様、健康維持や老化予防のためにサプリメントを飲ませている飼い主が増えています。 最近は犬などのペットも家族の一員と認識されているため、少しでも長生きしてもらおうと体調管理に気を使っているのです。

アメリカではずいぶん前から犬用サプリは普及しており、スーパーでも容易に手に入ります。 日本では数年前から急激に普及し始め、犬にサプリを与えることは当たり前のこととして浸透してきました。 けれども、何でもかんでも与えればよいというものではありません。 犬の体調や症状に合わせて必要なものを選ぶことが大切です。

そこで気になるのは犬用サプリの副作用ですね。 一般的には不足している栄養素を補えば、健康状態がよくなりますので副作用が現れることはないでしょう。 しかし、十分に足りている栄養素をさらにサプリで摂取することで過剰摂取を招き、思いがけない弊害が出ることもあるのです。

ですから、まずは愛犬に足りない栄養素が何かをしっかりと見極める必要がありますね。 基本的なサプリメントであるビタミンやミネラルは問題ないとして、症状別にサプリメントを選ぶ時には 獣医師に相談してみるとよいでしょう。 また、もし薬を服用している場合は、サプリとの併用について必ず獣医師に確認することが大切です。 大切な愛犬だからこそ、摂取量を守って正しく与えることで健康で長生きしてくれるはずですよ。

犬用サプリの摂取量


大切に育てている愛犬も人間と同じように加齢とともに足腰が弱ったり、 体のあちこちに何らかのトラブルを発生したり、体調が優れなくなったりします。 愛犬の健康を気遣う飼い主が増えたことや犬用サプリメントの種類が増えたことなどから、 食事で摂りきれない栄養を気軽に補っているようですね。

けれども、人間なら自分でどんな栄養素が足りないのかわかりますが 話せない犬の場合は、飼い主が適切なものを選んであげる必要があります。 毛並や関節、眼など、さまざまな目的でサプリメントがありますますので、 体によいと思って与えてしまいがちですが、過剰摂取には注意が必要です。

せっかくよいものを与えていても、過剰に与えることで思わぬ弊害を招くことも少なくありません。 最も重要なのは決められた摂取量を守ること。 たくさん与えて早く効果を得たいのはわかりますが、それは犬のためにはなりません。 むしろ、過剰摂取で体に不調をきたすかもしれないのです。

また、何らかの怪我をしていたり、持病で薬を服用している場合は、薬とサプリメントがお互いに影響を与え合い、 効果を消し合うことも考えられます。 過剰摂取を防ぐためにも、まずは、成分をよく確認することが大切です。 その際、天然のものなのか合成のものなのかも確認しておくといいですね。 天然成分は合成成分よりも体に吸収されやすいので、その点も含めて吟味しましょう。

自分で判断できないときには、獣医師に相談するのがおすすめです。 愛犬にどんな成分が必要なのか、また適切な摂取量をきちんと聞いておくことで 安心してサプリメントを与えることができますね。



犬用サプリは犬の老化防止にいい


犬も人間と同じように加齢と共に体や内臓、骨などが老化していきます。 しかも、犬は人間に比べて早く歳をとるのでなおさら老化も早くすすむといわれています。

もちろん、栄養バランスが整った食事や規則正しい生活を続けることも大切ですが、 やはりドッグフードだけでは補えない栄養素もあり、 それらが不足することで健康を保てなくなる可能性が高いのです。

そこで食事と併用してサプリメントを与えている飼い主も多いようですね。 老化予防に効果的なサプリとしては、グルコサミン、コンドロイチン、DHA、EPA、キノコ系の成分などです。 まず、老化がすすむと関節に関わる病気が増え、自力で立てなくなったり、歩けなくなったり、 伏せができなくなったりするので、コラーゲンやコンドロイチン、グルコサミン、ビタミンEなどのサプリがおすすめです。 これらは靭帯、腱、軟骨、真皮などの働きを助けてくれるので、関節の動きをスムーズにして関節の機能を高めます。

また、脳の働きを活性化してアンチエイジングに効果的なサプリは、コエンザイムQ10やレシチン、DHA、EPAなどです。 脳神経細胞の活性化を促したり、血液をサラサラして血栓を予防したり、記憶力を高める作用を持っているので、 痴ほう症の予防効果が期待できます。 中でもコエンザイムQ10は、老化の大敵である活性酸素を除去してくれます。 そして、がん予防にはメシマコブや花びらたけなどのキノコ類のサプリが効果的で、免疫力を高めて抗がん作用を発揮します。 他にも、アガリスクやサメ軟骨などもがん細胞の増殖を抑えてくれるといわれています。

つまり、犬も人間と同じような効果が期待できるサプリメントを与えることで 老化を予防することができるというわけです。



犬用サプリは犬の病気予防にいい


大切な愛犬には少しでも長く生きてほしいと思うのは当然です。 病気になって苦しむ姿を見るのは本当に辛いもの。 犬がかかる病気で多いのは心臓病、皮膚病、腎臓病、がんなどです。 犬特有の病気としては狂犬病も死亡率が高い恐ろしい病気の1つ。 狂犬病は別として、その他の病気は犬に限らず、人間でも多く発症する病気だといえますね。

中でも腎臓病は老化とともにかかりやすくなる病気であり、原因はいろいろありますが 低たんぱく質で低カロリー、塩分が多いドッグフードを食べ続けることでかかる確率が高くなります。 そこで、これらの病気を予防するために犬用のサプリメントを与えることをおすすめします。 たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの基本的なサプリメントはもちろん、 グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、コエンザイムQ10なども合わせて摂取するといいですね。

また、さまざまな病気の引き金となる活性酸素を抑える抗酸化作用があるサプリメントも 病気の予防に高い効果が期待できます。 基本的に犬用のサプリメントは人間と同じですので、βカロチンやコエンザイムQ10など 抗酸化力が高い成分を選ぶことで、活性酸素を除去して老化を防ぐことができるのです。

けれども、現在のところ、犬用のサプリメントは数多く出回っており、効果もさまざまなので どのサプリメントを選べばよいのか迷ってしまいますね。 迷った時は過剰摂取で逆効果にならないためにも、獣医師に相談し、足りない栄養素や 必要なサプリメントを相談してみるのがおすすめです。


こちらにおすすめの犬用サプリをまとめています。愛犬の症状や特徴に合わせて最適なものを選んであげてください。↓
もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1の犬用サプリメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら