トップページ >  犬用サプリ >  犬用サプリメントの必要性

犬用サプリって愛犬の健康に必要ある?問題ないの?

犬用サプリメントの必要性


今やサプリメントは私たちの生活にすっかり浸透し、実にさまざまな種類が出回っています。 美容や健康増進を目的に何らかのサプリメントを摂取している人は大勢いますね。 そして、人間だけではなく、犬用のサプリメントも豊富に販売されているのが現状です。

けれども、犬にまで本当にサプリメントが必要なのか疑問に思う人もいることでしょう。 もちろん、健康体の犬であれば、サプリメントは特に必要ないかもしれませんが、 加齢とともにどうしても免疫力が低下し、胃腸の働きも弱くなってくるのは事実です。 まして、犬は小型犬の場合、1年で17歳も年をとるのですから、それだけ老化も早いといえるのです。

犬用のサプリメントも人間同様、足りない栄養素を補う栄養補助食品であり、直接病気を治すものではなく、 基礎的な体を作り、健康に近づけることを目的として摂取します。 また、今は何も症状がなくても、加齢スピードが速く、寿命が短い犬の場合は、 病気になる前からサプリメントを摂取させることで、予防的な効果が期待できるというわけです。

ただし、犬にサプリメントを与える時には、本当に必要な成分を見極めることが大切です。 あれこれ与えたところで高い効果が得られないだけではなく、反対に弊害すら起こしてしまう可能性もあります。 まずは愛犬の健康状態をよく観察し、足りないものや補うべき成分を認識したうえで サプリメントを選ぶことです。 くれぐれも過剰摂取には注意しなければなりません。



犬用サプリのアレルギー問題


私たち人間界ではサプリメントは浸透しており、どんな成分がどのような効果をもたらすのか、 適量はどれくらいなのかなど、だいたい周知されていますね。 けれども、犬用のサプリメントに関しては、正直なところ、まだ発展途上の段階です。 また、出回っている情報に関しても不適切なものや誤解を招くような表現もあるので、 そのまま鵜呑みにするのは避けたほうが無難かもしれません。

さらに副作用やアレルギーが発生する可能性もゼロではないのです。 幸い、現在、国内製の犬用サプリメントの使用ではアレルギーの発症事例はありません。 ただし、海外製の商品の中には、ごくまれにアレルギーが出るものもあるようです。

また、犬の場合のアレルギー症状は、人間のように分かりやすいものてはないので、 見落としたり、気付かないことも多いのが現状なのです。 もし、新しいサプリメントを試して、いつもと違う症状が現れた時には自分で判断せず、 獣医の元を訪れ、サプリメントを服用したこともきちんと話したうえで、適切な対応をすることが大切ですね。

さらに、重要なのは、指定された摂取量を守ること。 より効果を得ようとして、指定量よりも多く摂取することは犬の体にとって、大変な負担になります。 最近は、サプリメントを摂取することでアレルギーが起きることよりも、もともとアレルギー体質の犬に 症状を改善するために免疫力や抵抗力をつける目的で摂取させることに注目が集まっているようです。



このように犬用サプリは愛犬の健康維持の心強い味方となってくれます。愛犬の症状に合った適切なサプリを選びましょう。購入に際しては下のページを参考にしてください。↓
もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1の犬用サプリメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら