トップページ >  犬用サプリ >  愛犬の老化サインに気づこう

愛犬の老化サインに気づこう~愛犬の老化の症状まとめ

老化のサイン  いつも元気に走り、美味しそうにご飯を食べている愛犬。ずっと元気でいてほしいと飼い主なら誰もが願うことです。しかし犬も生き物。当然ですが人間と同じように犬にも老化があります。

 ワンちゃんは6~7歳くらいから老犬の仲間入りをするといわれています。

 「愛犬が急に○○ができなくなった!なぜ?」とパニックにならない為にも、愛犬が出す老化の5つのサインを日頃からチェックしておきましょう。


睡眠時間が多くなり、動きたがらなくなる


 高齢になると寝ることを好むようになります。五感の衰えから、起こしてもなかなか起きなくなるでしょう。

 筋肉や体力も衰えるため、散歩にも行きたがらなくなり、歩みのスピードも遅くなります。おもちゃにも興味を示さなくなってくるでしょう。

 しかし、運動をまったくしないと足腰がますます弱ってしまいます。歳をとってもお散歩は続けたほうがいいですが、お散歩コースは足腰に負担のかからない場所を選びましょう

 お散歩が厳しい場合は、老犬介護用のハーネスや車椅子などのグッズを使い、外の空気を吸わせてあげるのもいいですね。


ご飯を食べたがらなくなることが多い


 老化すると消化器官の機能が低下するため、食欲にムラがでたり、食事そのものに興味がなくなります。歯の力も弱くなるため、ドッグフードが固くてうまく噛めていないようだったら細かくしたり、ふやかしたりしてあげましょう

 しかし動くことが少なくなっても、食事で栄養を摂ることは大切です。高齢犬でも食べられるドッグフードやシニア犬向けのフードに替えて、愛犬が少しでも食事をとってくれるように努めましょう

 お気に入りの食べ物がある場合は、その食べ物で手作り食にしてあげるのもいいでしょう。この場合も、愛犬の食べやすい大きさにしてあげてくださいね。

 反対に食欲が増し、いくら食べても満腹感が感じられないケースもあるようです。食事の量が急に増えた場合は、他にも老化のサインが出ていないかチェックしましょう。


皮膚や毛が変化する


 人間の白髪と同じように犬も毛の色素や、毛そのものが薄くなります。毛づやも悪くなるため、老化のサインの中でも比較的気付きやすいでしょう。

 ただし、あまりに若い年齢で毛づやが悪くなった場合は、「愛犬の毛並み・毛づやが悪くなる3つの原因と毛並み・毛づやを良くする3つの解決方法」の記事もチェックしてみてください。


トイレの回数が増え、排泄に失敗しやすくなる


 頻繁にトイレに行くようになったり、今までしなかった粗相をする回数が増えます。老犬の粗相は膀胱や内臓の筋肉が衰え、尿意を伝える神経が鈍くなることで起こります。

 足腰が弱くなりトイレまで行けなくなってしまった犬には、オムツを使うなどして、飼い主がトイレをコントロールしてあげましょう。

 おしっこやウンチの回数をきちんとメモにとると、日々の体調の変化にすぐに気がつくことができて便利です。


夜鳴きや徘徊をするようになる


長生きペットが認知症になってしまった場合、よく見られる症状のひとつに徘徊行動があります。
・ あてもなく部屋中を歩き回る。
・ 円を描くように、決まった方向にぐるぐると歩き続ける。
・ 狭い隙間に入り込んで出られなくなる(場合によっては部屋の角、90°程度の角度でも引っかかる)
・ 壁に勢いよくぶつかる

 ワンちゃんにも認知症はあり、歳をとると部屋をぐるぐる歩き回ってぶつかってしまうことがあります。台所やたんすの角など、家の中でどのような場所が危ないかを確認しておきましょう。

 夜鳴きも老犬に起こりやすい症状なので、場合によっては防音対策も必要になってきます。


愛犬からの老犬のサインまとめ


 歩くペースが遅くなった。毛づやが悪くなった。食が細くなった......愛犬達は少しずつ老化のサインを飼い主に出しながら、緩やかに老化していきます。

 日頃から愛犬の様子を確認し、老化のサインが出てきたら早めに対策を立ててあげることで、愛犬は長生きすることができます。

 年をとった愛犬の健康のためにできることは、こちらのページでも取り扱っているので参考にしてみてくださいね。